家庭教師情報室.net ホーム 家庭教師vs塾の違い お問い合せ
コンテンツメニュー

ホーム 家庭教師vs塾の違い家庭教師のタイプ家庭教師の選び方メリット&デメリット家庭教師の費用家庭教師のトラブル家庭教師を目指す人へ良い家庭教師とは?お問い合わせ
家庭教師情報室.net

家庭教師vs塾の違い

家庭教師と塾ってどう違うの?なんて疑問に思ったことありませんか?教師に教えてもらって勉強をするという点に置いては同じじゃないの?なんて思えますよね。でも、この二つの勉強方法には全くの違いがあるのです。
家庭教師と塾の違いというと簡単に言ってしまえば、授業を教えて貰う場所の違いにあるでしょう。
また、マンツーマンで授業を教えて貰えるので、分かりやすいということでしょう。
また、子供の性格上、大勢がいる中では質問が出来なかったり、生徒との学力に大きいさがある場合や勉強のコツがいまいち分かっていないなどの場合は塾よりも家庭教師にすると効果が期待出来るようです。 では、家庭教師と塾にはそれぞれどのような特徴があるのでしょう。

家庭教師と塾の特徴

家庭教師の特徴

家庭教師は、完全な一対一の指導による内容が濃い授業で、教師と生徒が二人三脚での学習による学習の意欲をUPさせたり、生徒を中心としたカリキュラム方法です。
集団塾の予習や学校のテストの対策などの座域などに合わせて多くに渡る指導塾を家庭において行なうことが出来ます。
教師と生徒が一緒に頑張ることによって、生徒の学習に対するUPに繋がりますが、相性がいい家庭教師を探す必要があります。

集団の塾の場合

集団塾は、家庭教師とは違った周りから受ける刺激や、友達と一緒に学習する楽しみや、合格実績、指導カリキュラムや受験の情報などが揃っています。
教師には指導経験が豊富である過去のデータをもととした試験対策をして、受験の合格を目指します。
ライバル心のある子供にとってはとても刺激的ですが、個別でのフォローを受けにくい事があるようです。

個別の指導塾の場合

個別の指導塾は、子供の時間にあった時間割や、自由にくむことの出来るカリキュラム、個別で友達などと一緒に学習する楽しみがあります。
部活などで多忙な子供でも、授業の振り替えや時間の融通などが利く個別であれば通うことが出来ます。
また、教室内では他にも生徒がいるので、適度な刺激を受けることが出来ます。
個別指導塾へ通うことによって、生徒の自主性を高めることは出来ますが、家庭での子供の学力を把握するには少し困難なところがあるようです。

大切なのは教えてくれる先生

家庭教師でも塾でも何より重要なことは教えてくれる先生にあります。
どんなにそこのシステムが良いからと言っても、先生が悪ければ成績はよくなることありませんよね。
それとは逆に優秀ないい先生なら、システムの欠点や利点をサポートしてくれることもできます。
学生の先生に優秀でいい先生がいないという事ではないですが、その割合は非常に少ないようです。
特に、塾側が学生に対して研修などのサポートをしていない場合などにはさらに先生の質が下がります。
また、家庭教師の場合は先生の、この先生は良い、この先生は悪いという事が全てを決定するようです。