家庭教師情報室.net ホーム 家庭教師vs塾の違い お問い合せ
コンテンツメニュー

ホーム 家庭教師vs塾の違い家庭教師のタイプ家庭教師の選び方メリット&デメリット家庭教師の費用家庭教師のトラブル家庭教師を目指す人へ良い家庭教師とは?お問い合わせ
家庭教師情報室.net

家庭教師の選び方

そろそろ子供へ家庭教師をつけたいと考えている方や家庭教師を探している・・・けれどいろいろあってどう選べばいいのか分からない・・なんて方の為に家庭教師を選び方についてご紹介していきます。

選び方のポイント

どこで家庭教師を見つけるといい?

その辺の学生でもいいのであるなら、わざわざ高い中間マージンを支払うほど仲介業者に依頼する必要はないでしょう。例えば、近くのスーパーや銀行などの掲示板などにいくと、たくさんの近所の学生などが募集の張り紙を出しているし、ネットなどにも家庭教師の募集掲示板などがあります。 その方法で見つからない場合は、仲介手数料だけしか取らない業者などに依頼することがお得でしょう。でも、ここで一つ注意点です。CMなどをしている大手の業者などに依頼をするのはやめておいた方がいいでしょう。結構な中間マージンをとられてしまいますからね。 大学生のアルバイトなどではなくて、プロの家庭教師にきっちり教えてほしいということなら、専門の所へ依頼する方がいいでしょう。先ずは資料などを請求して検討してみるのも良いかもしれません。

どんな人を採用するといい?

採用をするときは、必ず数人を面接して選びましょう。個人の契約などの場合は少し相手に悪いような気もするような感じがしますが、仲介業者を通すなら、お金を支払う以上、遠慮することはありません。気に入らないのであればドンドン落とすといいです。 選ぶ際には、出来れば受験が終わったばかりの、ほやほやの大学1年生がいいでしょう。受験の知識が鮮明で、手の抜き方などを知らないので、一生懸命働いてくれるでしょう。

インターネットの家庭教師も検討してみましょう。

住んでいる近くにいい家庭教師が見つからない場合は、インターネットを利用して家庭教師を検討するのもいいでしょう。カメラを取付けて、ヘッドセットをしながら、パソコンで授業を受けることが出来るのです。

わかりやすく説明が出来る家庭教師

生徒が分からないということが理解できる教師、またその問題を絵や図にかいて分かりやすく説明をしてくれる家庭教師を選ぶといいと思います。一つ一つの苦手を克服していくことが、成績UPにするために大切な事でしょう。

熱心で誠実

説明が分かりやすいことはもちろんのこと、学習の計画を立ててくれたり、生徒の学習相談をのってくれる熱心な家庭教師を選ぶといいでしょう。誠実で熱心にしどうする家庭教師なら、生徒もいい刺激を受けるでしょう。良い刺激というのは、学習の意欲を高めることが出来て、成績UPへと繋がるでしょう。