家庭教師情報室.net ホーム 家庭教師vs塾の違い お問い合せ
コンテンツメニュー

ホーム 家庭教師vs塾の違い家庭教師のタイプ家庭教師の選び方メリット&デメリット家庭教師の費用家庭教師のトラブル家庭教師を目指す人へ良い家庭教師とは?お問い合わせ
家庭教師情報室.net

家庭教師の費用

受験対策として家庭教師を依頼する上でやはり親としては費用が気になりますよね。家庭教師に受験対策などを依頼するには、入会金や月謝、交通費などがあります。これにプラス月会費、教材費などが必要となることもあります。場合によっては解約金・難関校受験の場合には割り増し料金なども必要になるようです。

費用の目安

入会金

約1万円〜2万円ほど。または不要のところもあるようです。
多くの場合、派遣センターなどでは、入会する際に入学金が必要となります。入会金の費用は、1万円〜2万円ほどが一般的だと言えます。入会金が不要なセンターなどもあるようです。

月謝

約2万円〜8万円
家庭教師の月謝は毎月ごとの後での支払いが普通です。月謝は授業料の単価に授業をする回数を時間とかけて計算されるようです。事前に授業料を支払うチケット制の派遣センターなどもあるようです。

交通費

約4百円〜6百円ほど。
家庭教師の住んでいるところから生徒の家まで、往復の交通費は、生徒側の負担が一般的です。交通費の額は1回約500円前後です。最寄りの駅からバスをりようする必要があるときは、往復約900円ほどみておくといいでしょう。 生徒の家から、最寄りの駅が家庭教師の定期区間内にある時は、交通費の負担は必要無いのが一般的です。

月会費

約3千円〜5千円ほど。
派遣センターなどによっては、月謝に加えて月会費が必要となります。金額は約3000円から5000円ほどが一般的ですが、月会費が必要なセンターはそれほど多くはないようです。 月会費は一般的に授業の有無が多いか少ないに関わらず支払わなければいけません。授業の回数や時間が少ない場合などは、費用の中で月会費の占める割合が大きくなるようです。

教材費

通常は不要です。
きちんとした教材などがない場合に教材費は必要です。教材費は一般的には授業で必要な市販の参考書、問題集のことをいいます。派遣センターによっては独自の受験対策用などの教材を買わなければいけないこともあって、その場合は所定の教材費が必要です。

解約金

通常は不要です。
派遣センターによっては、契約の期間内に契約を辞めた場合に解約金が請求されます。契約期間は派遣センターによって様々ですが、一番多くて1ヶ月間です。 受験に向けて家庭教師を変えたいなど、生徒側の都合によって家庭教師派遣を途中で解約する場合は、派遣センターから1ヶ月分または5万円のどちらかの低い方の額を請求されるケースもあるようです。これは、商法48条で定められています。解約金が必要のないセンターもあるようです。