家庭教師情報室.net ホーム 家庭教師vs塾の違い お問い合せ
コンテンツメニュー

ホーム 家庭教師vs塾の違い家庭教師のタイプ家庭教師の選び方メリット&デメリット家庭教師の費用家庭教師のトラブル家庭教師を目指す人へ良い家庭教師とは?お問い合わせ
家庭教師情報室.net

家庭教師のメリット&デメリット

家庭教師に関するメリットとデメリットをご紹介していきます。

家庭教師のメリット

家庭教師の最大のメリットとして、マンツーマン生徒と教師が一対一で学習することが出来るということです。生徒とマンツーマンで受験勉強などを指導してくれる家庭教師は、生徒の理解にあわせた勉強方法のレベルで進めることが出来るので、理解にあわせた勉強のレベルに合わせて進めるため、理解をせずに勉強が進んでいく学校や塾との授業とは少し異なっているようです。 その他にも、得意な分野や不得意な分野、長所や短所を教師が把握してあげて、得意科目を伸ばす、不得意な科目を克服するなど、生徒のペースや、性格などに合わせて授業をすることが出来ます。生徒をきっちりくんだカリキュラムでがんじがらめなどにはせずに、子供の合わせたカリキュラムを組むことが家庭教師ならではのことではないでしょうか。生徒と、家庭教師が信頼しあうと、質問もしやすくなって、分からなければ、直ぐ聞けるようにしておきましょう。先生側の期待に応えうるためにも頑張る子供も実際におおいようです。

デメリットがメリットに

学生のデメリットは、メリットにもなるって知っていますか?それには、親よりも家庭教師と子供の年齢の方が近いため、子供の気持ちを理解することができます。よくあることですが、「何がわからないのかわからない」ということも、まだ学生という若さで子供の気持ちが理解できるのです。年が近いため、分かり合うのも早いのでしょう。受験に詳しい家庭教師も多くいます。

学習以外にも

勉強だけではなくて、学校のことや友達のこと、受験のこと等、親には把握することが出来ない問題や、悩みが聞きやすいなどメンタル的なケアが出来るのも年齢の近い先輩だからこそではないでしょうか。そしていままで親には言えなかった悩みなどを打ち明けて、家庭教師が親子をつなぐ架け橋になって家庭が明るくなると言うこともあるようですよ。また、勉強だけに限らず、同じ受験を経験した先輩として受験のアドバイスや自己流の受験勉強方を教えてくれる家庭教師もいるそうですよ。

家庭教師のデメリット

プロの場合の家庭教師だと学習面では特にデメリットなどはほとんどありませんが、大学生が家庭教師の場合だと、親からして色々な不安要素が沢山あります。ここでは家庭教師のデメリットについてご紹介していきます。

家庭教師が大学生

先ずデメリットとしての1つに、大学生の家庭教師だとほとんどの人が若い方ばかりで、また18歳や20歳なので、子供との年齢が近くて、きちんと勉強をするのか、一緒に遊んだりしたり・・。などと不安に思うこともあるでしょう。 また、社会だとアルバイトにも責任感を持って貰うと言うことは難しいです。大学生の家庭教師が簡単なアルバイトを教えていると思うと不安などもあるでしょう。

料金がきちんとしていない

プロや学生を問わずに、子供との相性や途中で辞めたり、高額な教材を購入させられるのでは、などという不安要素はたくさんあるでしょう。そのデメリットに対する不安は、正しい家庭教師の選び方のコツさえ掴んでいれば、問題はないでしょう。 特にマイペースな子供などは、周りとの差が分からなくてライバル心や自分の位置が分からなくなる子供のいるようです。せかしたりしても、周りに比較する子供がいないため、自分のレベルという物を見失ってしまいがちになるようです。