家庭教師情報室.net ホーム 家庭教師vs塾の違い お問い合せ
コンテンツメニュー

ホーム 家庭教師vs塾の違い家庭教師のタイプ家庭教師の選び方メリット&デメリット家庭教師の費用家庭教師のトラブル家庭教師を目指す人へ良い家庭教師とは?お問い合わせ
家庭教師情報室.net

家庭教師を目指す方へ

ここでは、家庭教師になりたい人の為の、家庭教師になるための方法をご紹介していきます。

家庭教師になるには?

家庭教師の講座を受ける

家庭教師になるには、講座を受けてテストを受験し、家庭教師になる方法もあります。この場合、家庭教師になるために講座を受けなければいけない必要があるので、費用が多少かかってしまうでしょう。講座では主に、教え方や、学習の計画の立て方・受験対策の方法などを中心に、教えてくれます。 家庭教師を始めたい・・・だけど自信がない・・・スキルをアップさせたい・・。という人におすすめです。

家庭教師センターへの登録

全国の家庭教師派遣会社の家庭教師を募集したサイトがネットには沢山情報が出ています。インターネットなら全国の家庭教師センターの求人情報を自給などの待遇面に比較するとすぐに電話で一括登録をすることが出来ます。 家庭教師センターなどにおいては、直接事務所へいって登録をしたり、テストを受験したりするようなこともあるようなので、申し込みなどは、インターネットや求人情報などを調べて、分からないところがある場合はきちんと問い合わせて確認しましょう。

知り合いに紹介してもらう

自分の周りにいる親戚や友達などによって紹介をしてもらう方法もあります。この場合は、紹介者からいろいろな話を聞くことが出来て、紹介者から家庭教師になる自分の事を親や生徒に話をしてくれるので、十尾は楽だと思います。 でも、完全に家庭と個人での契約となるので、指導内容や指導日を決めたり、給料に関連した話し合いなども自分でする必要があります。トラブルなどが起こった場合は、哀しいことに周りには味方となってくれる人はほとんどいないです。

親と仲良くすることは当然のこと、紹介をしてくれた人に相談をするように心がけたほうが良いと思います。

個人契約の生徒募集案内に載せる

現在では、個人契約の生徒募集案内などをりようして、家庭教師の仕事を募集する方法があるようです。生徒募集の案内版は主にインターネットに掲載されているので、自分の自己紹介を載せて、個人契約の家庭教師の生徒を募集する方法となっているようです。 掲載料や紹介料は無料名サイトや広告などもあるようなので、先ずは確認をしてみてから掲載すると良いでしょう。

ひとこと

家庭教師になるということは、比較的簡単なことです。でも、採用された後に家庭教師として腕を磨くのは自分自身と言えます。また、たとえ身内や親戚でも、お金を支払って貰っている以上は、プロとしての態度で共に受験対策に臨むようにしましょう。