家庭教師情報室.net ホーム 家庭教師vs塾の違い お問い合せ
コンテンツメニュー

ホーム 家庭教師vs塾の違い家庭教師のタイプ家庭教師の選び方メリット&デメリット家庭教師の費用家庭教師のトラブル家庭教師を目指す人へ良い家庭教師とは?お問い合わせ
家庭教師情報室.net

家庭教師のトラブル

家庭教師を依頼すると様々なトラブルも発生してしまいます。トラブルに合わないようにすすためには、どうすればいいのでしょう。家庭教師のトラブルについてご紹介しています。

トラブルに合わないために

契約内容をきちんと確認しよう!

申し込みをする前に、必ずきちんと書面を確認しましょう。最初に電話で受けた説明と内容が、契約を結ぶ前に説明される問題と内容に違いなどがないかを確認しましょう。 契約を結ぶ際には、項目の一つ一つに説明をしてもらえるかが、とても大切です。良心的な経営をしているセンターであれば、そのような説明はあまり違いはないでしょう。

電話での勧誘には気をつけよう!

電話セールスや訪問販売などで、強引に入会をすすめる業者は後々トラブルが起きてしまう可能性が大きいと言われているので、注意が必要となってきます。また、センターや自分の名前などを名乗らないセンターでは信頼がおけるいい業者だとは言えません。

入会前の注意

入会の前に選任の担当者と十分なやり取りをしなければ、希望をする家庭教師の派遣は困難です。家庭教師を派遣するにあたって、まず指導員や相談員などによる子供の学習状況や志望目的などを十分に把握している上でなければ生徒にとってきちんとした最適な家庭教師の派遣は出来ません。 あくまで自分にとってのきちんとした家庭教師の派遣をするためには、子供の指導に関連する具体的な担当者とのやり取りが大切でしょう。

指導開始後の注意点

指導が開始した後も家庭教師センターの担当や家庭とのコミュニケーションがとることが大切です。直接家庭教師にいいにくい点がある場合や、家庭選任のセンターの担当者に言った方が良いでしょう。
家庭での進路相談やカウンセリングなどは家庭教師と担当者が必要となるため、情報に詳しい経験が豊富な担当員が最適だと言えます。

体験学習における注意

体験授業を契約間園受けることができるセンターが多くなってきているようです。実際の指導で、体験授業にきた家庭教師と別の人が派遣されることがあるようです。事前に確認が必要でしょう。体験授業の指導内容が気に入って、契約を結びその業者に派遣を頼むのできちんと確認をしたほうがいいでしょう。

料金が安すぎる

料金が安いと感じたら、本当にその値段でいいのか確認をしましょう。料金の相場は一概では言えません。でも、極端に指導料金が安いところにはいい家庭教師は集まることはないでしょう。紹介して満足のいく家庭教師は、決められた時間だけを指導しているわけではないのです。