家庭教師情報室.net ホーム 家庭教師vs塾の違い お問い合せ
コンテンツメニュー

ホーム 家庭教師vs塾の違い家庭教師のタイプ家庭教師の選び方メリット&デメリット家庭教師の費用家庭教師のトラブル家庭教師を目指す人へ良い家庭教師とは?お問い合わせ
家庭教師情報室.net

家庭教師のタイプ

家庭教師と一言で言うと、その形態は様々な種類がありあます。それぞれ特徴を踏まえて、子供にあったいい家庭教師選びのご参考にして下さい。

家庭教師の紹介先

家庭教師の紹介先には大きく分けると以下のようなものがあります。

個人契約の家庭教師

派遣センターなどの紹介ではあく、家庭教師と生徒の保護者が個人で契約を交わし、指導をしてもらうのが、個人契約の家庭教師です。 本来個人契約の家庭教師は、親戚や近所にいる大学生などに依頼をしたり、近くのスーパーや郵便教区などの募集掲示版などでの募集が一般的でした。最近になるとインターネットなどで、家庭教師の募集の専用の掲示板などを利用する人が増えてきているようです。

派遣センターの家庭教師

派遣センターの契約として家庭教師の派遣をお願いするのが派遣センターの家庭教師です。派遣センターの場合は登録した家庭教師が指導をしてくれます。家庭教師の形態としては、派遣センターの家庭教師が一般的と言えます。間に入ってくれている期間があることによってで安心です。

家庭教師の種類

家庭教師には大きく分けると2種類のタイプがあります。

学生家庭教師

学生の家庭教師にはおもに大学生が家庭教師となっています。大学院生であっても家庭教師に含まれています。学業の間に指導をしてくれる学生の家庭教師は、指導経験はあまり多くありませんが、主に自分自身の勉強の経験に沿った指導をしてくれます。 生徒との年齢があまり差がないので、学生家庭教師はうちとけやすいでしょう。

プロの家庭教師

プロの家庭教師は家庭教師業において生計を立てている人を言います。派遣センターによって、学生ではない家庭教師を全て家庭教師をしている場合があるようです。プロで家庭教師をしている人には、社会経験があるので、一般の学生家庭教師よりは礼儀正しく責任感があると言えるでしょう。(あくまでですが・・。) 指導経験なども学生の家庭教師と比べると豊富で、生徒にあった指導が期待できるでしょう。

直接契約系の家庭教師

インターネットを主に中心としての、家庭教師紹介サービスの事をいいます。家庭教師紹介を生業としている企業などが多くあるようです。インターネットの他にも、大学構内でのアルバイト求人情報などによって紹介している場合や、知人や友人、その他にも親戚などから紹介する場合などもあるようです。 家庭の条件などにあった家庭教師を紹介してくれますが、契約は家庭と教師との直接の契約となります。子供にあった、家庭に合った指導を家庭教師に期待する事が出来るでしょう。事前に遅刻や、欠席などの対処や契約の期間、給与などの契約内容はハッキリさせておきましょう。

おまけ

家庭教師は家庭と教師においての契約です。長く続けて貰いたいためには人間性がとても重要な事となります。誠実に受け答えが出来るか、最低限の礼儀や挨拶が出来るかどうかなど教師の人柄なども確認して子供にあった家庭教師を見つけましょう。